プラセンタの基礎知識

プラセンタって何??歴史についても

プラセンタって何のことだか知っていますか?美容に詳しい方なら知っている人も多いと思いますが、プラセンタ(Placenta)とは英語。それを日本語に訳すと「胎盤」と言う意味になるんです。そう!! そうです!! プラセンタは「胎盤」の事なんです(゚∇゚ ;)エッ!?
         

正直プラセンタの事を何も知らない私は「胎盤」と知って顔文字と全く同じ反応をしてしまいました・・・「胎盤」というと私のイメージでは、出産、胎児、レバーのようなもの・・・無知でスミマセン・・・ ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ 胎盤と聞いて驚いてみたものの、全く胎盤がどんなものなのかも知らない私・・・という事で、胎盤について調べてみます!!


胎盤とは、人間を含めた哺乳類動物の多くが妊娠し、お腹の中で赤ちゃんを育てるために子宮の内壁に作られる臓器の事。人間の場合、妊娠5週ごろ(着床した頃)から胎盤が作られ始め、14週から15週には、ほぼ胎盤が完成するようです。


胎盤は血管が無数に集まって出来ており、お腹にいる赤ちゃんの呼吸器系、消化器系、循環器系、泌尿器系といった発達が未熟な各器官の代行をしています。お腹の中で赤ちゃんが成長していくのに大事な役割をしているんですね♪♪


例えば呼吸器系(赤ちゃんの肺)の代わりに胎盤はどう働いているのかと言うと・・・胎盤は、母体の血液から酸素を吸収し、へその緒を通して赤ちゃんに送っています。その逆に、赤ちゃんが排出した二酸化炭素も、へその緒を通して胎盤に送られ、母体が自身の血液を通して処理することで、まだ確立していないお腹の赤ちゃんの肺の変わりをしています。


それ以外にも、たんぱく質の合成やホルモンの分泌、有害物の解毒や有害物を赤ちゃんに送らないためにフィルターのような働きもしているのが胎盤。いわば胎盤は、赤ちゃんが成長するのに必要な働き=人間が生きていく上でも必要な働きをすべてこなしているパーフェクトな臓器ともいえますね!!


そんなパーフェクトな臓器「胎盤」には、たんぱく質や脂質、糖質といった人間に必要な栄養素をはじめ、ミネラル、ビタミン、酵素といったたくさんの栄養素が含まれています。


プラセンタ(胎盤)について分かりましたね??では次は、パーフェクトな働き・栄養素をもつプラセンタ(胎盤)の歴史を調べてみたいと思います。


世界でのプラセンタの歴史


プラセンタの歴史は紀元前までさかのぼり、「医学の父」とも呼ばれる世界最古の医者ヒポクラテスがプラセンタの効能に着目して治療薬として使用していたと言われ、古代エジプトの女王クレオパトラやフランスの国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットはプラセンタを若返りなどの美容目的で使用していたともされています。


クレオパトラと言えば「絶世の美女」として知られていますよね!!そんなクレオパトラもプラセンタに注目して使用していたなんて・・・Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ! ビックリです!


中国では約4000年前の泰の始皇帝が、不老不死の妙薬として使用していたとされています。プラセンタが漢方薬として初めて書物に登場しているのは、「本草拾遺(ほんぞうしゅうい)」。「人胞(じんぽう)」「胞衣(なえ)」という名前でプラセンタは記載されています。その後、明の時代の薬学著作「本草綱目(ほんぞうこうもく)」では、「紫河車(しかしゃ)」という名前でプラセンタは紹介され肉体的・精神的疲れや衰えに効く漢方として収載されています。


傾国の美女とも呼ばれる、中国四大美女の一人「楊貴妃」もプラセンタ(紫河車)を服用されていたそう。でました!! また美女!! 美女とプラセンタには深いつながりがあるようですね。この頃のプラセンタ(紫河車)は、人間の胎盤を一度火であぶり乾燥させ粉末にして処方していたよう人の胎盤を服用するんですって!! 最初服用した人は勇気あるな? Σ(・∀・;)


ここまでは海外の歴史をみてきましたが、日本ではどうなのでしょうか。


日本でのプラセンタの歴史


日本では、不老長寿の薬として江戸時代に加賀の三大秘薬の1つとしていわれた混元丹(漢方薬)に紫河車(プラセンタ)が含まれていたようです。


混元丹は今でも販売されていますが、現在のは人間のプラセンタではなく豚のプラセンタを利用。デパートや混元丹の地元金沢では今でも普通に販売されている漢方薬です。


その後は、プラセンタを使った組織療法が海外から伝わり、
1950年には、プラセンタを研究していた医師達が集まり「組織療法研究所」を設立。
1956年には、「メルスモン製薬株式会社」が設立。
メルスモン製薬は厚生省(現在厚生労働省)の認可を得て、更年期障害の治療薬として製造・販売が開始されました。


さらに研究や開発が進められ現在プラセンタは、多くの健康食品・サプリメント・ドリンクや化粧品など様々な商品に含まれるようになりました。


プラセンタについて何も知らなかった私・・・軽い気持ちでプラセンタの歴史を調べてみたものの、紀元前までさかのぼるなんて・・・調べた私が一番ビックリしたかもしれません・・・( ゚д゚)ンマッ!


次は、古くからあるプラセンタの種類を見てみたいと思います。


関連ページ


プラセンタの種類│人・豚・馬・羊・植物性・マリン(海洋性)
プラセンタはどのように作られる??(抽出方法は??)
プラセンタの用途│医療用・美容用





《最新版》プラセンタ口コミランキング※効果・効能は?副作用・危険性は?

OCO注文