プラセンタの基礎知識

プラセンタの種類│人・豚・馬・羊・植物性・マリン(海洋性)

プラセンタは、人をはじめとする動物性プラセンタだけでなく、植物からも抽出した植物性プラセンタ、魚から抽出したマリンプラセンタなど種類がたくさんあります。そんなプラセンタの種類を紹介します。


豚プラセンタ


化粧品や健康食品、サプリメントの主流となっているのが、豚プラセンタ。美容用プラセンタは以前、牛プラセンタが多く使われていましたが、狂牛病問題が発生後牛プラセンタの使用ができなくなり、その代わりに現在の豚プラセンタが主流になりました。


プラセンタだけでなく豚の組織は人の組織と似ていることもあり、臓器移植の手術時や人間の心臓弁の変わりに豚に弁を使うという事もあるよう。サプリメントを始めとする様々な商品に含まれるプラセンタですが、成分表示欄に「プラセンタ(P)」と記載してあるものは、豚のプラセンタを使用しているという事です。(P)は、Pig(豚)のPです。


馬プラセンタ


豚プラセンタと比べて利用は少ない馬プラセンタですが、アミノ含有量は豚プラセンタの約250倍!!アミノ酸が豊富に含まれているのが馬プラセンタ。


豚は一度の出産で10頭近く生むのに対し、馬はだいたい1頭。一度にたくさん出産する豚は、胎盤が薄い膜のようになっているのに対し、馬は人間の胎盤のように臓器になっていることから、成分の栄養度も高く人の体とも相性が良いようです。


また馬の体温は、牛や豚と比べ5?6℃ほど高く寄生虫などがいないため、安全で清潔なプラセンタだと言われています。


羊プラセンタ


プラセンタの抽出ができる動物の中で最も人間の胎盤に近いとされているのが、羊のプラセンタ。羊のプラセンタは、スイスやニュージーランドといった広大な自然が広がる場所で、ストレスが掛からないよう徹底して育てられたものを使用しているので、良質なプラセンタが多いよう。


ですが、羊には牛の狂牛病のようなスクレイピーという神経系を冒す変性病があり、日本では羊プラセンタ商品はあまり販売されておらず、羊プラセンタの主流は海外です。


人(ヒト)プラセンタ


人プラセンタは文字通り、人間のプラセンタエキスのこと。同意を得た妊婦の胎盤から抽出し、医療用としてのみ使用が許可されてるプラセンタ。


使用出来るプラセンタも加熱処理を行ない、ウイルスや感染症など様々な病気に冒されていないか2重3重にチェックされ、安全性の確認が取れたものだけを使用。国から許可されている製薬会社のみ、医療用の注射液などとして利用されています。


牛プラセンタ


狂牛病が問題になる前は、日本でのプラセンタ商品は牛プラセンタが主流でした。ですが狂牛病問題後、安全性の面などから日本では牛プラセンタの製造・販売を行なっていません。ですが、海外では今も牛プラセンタを使用している製品があるようです。


植物性プラセンタ


植物性プラセンタは、大豆やとうもろこし、ライ麦やアセロラといったものから抽出した胚(プラセンタ)のこと。


植物には動物のようなプラセンタ(胎盤)はありませんが、植物が成長するときに実の栄養となる「胎座」が胚の中にあります。その「胎座」が動物で言う胎盤のような役割をし、英語でプラセンタということから、植物の胚を植物性プラセンタと呼んでいるよう。


植物性プラセンタは、アミノ酸やビタミン・ミネラルなど成分は同じ成分を含んでいますが、細胞の新陳代謝を活性化させる成長因子は含まれていません。そのため、美肌・美白効果は期待できても細胞活性効果までは期待できないようです。


マリン(海洋性)プラセンタ


マリンとは「海」。海と言えば魚・・・ですね。マリンプラセンタとは、魚のプラセンタ。ですが、魚は卵を産むものなので哺乳類動物のような胎盤はありません。魚は、胎盤が無い代わりに卵巣膜という卵を守り育てる膜があり、卵巣膜には栄養分が含まれています。


特に、鮭の卵巣膜はホルモンバランスを調整するグリシンを始めとした、アミノ酸やコラーゲンなど栄養分が動物プラセンタと変わらないくらい豊富に含まれており、現在のマリンプラセンタは鮭の卵巣膜から抽出されているものがほとんどです。豊富な栄養素を含むマリンプラセンタですが、植物性プラセンタ同様 成長因子を含んでいないので、細胞活性効果まではこちらも期待できません。


一言でプラセンタと言っても種類はいろいろ。それぞれ抽出されるものによって違うようですね。次は、そんなプラセンタの作られ方(抽出方法)をみてみます。


関連ページ


プラセンタって何??歴史についても
プラセンタはどのように作られる??(抽出方法は??)
プラセンタの用途│医療用・美容用




《最新版》プラセンタ口コミランキング※効果・効能は?副作用・危険性は?

OCO注文