プラセンタQ&A

プラセンタは保険適用出来るものもある??

プラセンタには、保険適用出来るものと、適用出来ないものとがあります。


プラセンタは美容効果や健康面での効果が高いもの。いろいろな商品やいろいろな場所で利用されています。ですが、保険適用できるケースは一部の治療目的のみとなっており、ほとんどが保険適用外となります。


プラセンタで保険適用出来る物は、プラセンタ注射のみ。プラセンタ注射も、全てが保険適用が可能と言うわけではなく、一部の治療を目的とした注射のみとなっています。


プラセンタ注射で保険適用になっているもの

肝炎・肝硬変・肝機能障害の治療
乳汁分泌不全
更年期障害


など、病院やクリニックで診断され治療した場合のみ。


また、保険適用出来るプラセンタ注射を製造・販売出来る会社も国(厚生労働省)によって決められており、乳汁分泌不全・更年期障害の治療薬はメルスモン製薬会社の「メルスモン」、肝炎・肝硬変・肝機能障害の治療薬は株式会社日本生物製剤の「ランエネック」となっています。


プラセンタ注射は美白や美肌など、美容目的で注射を希望する方も少なくはありませんが、これらはすべて自由診療。保険の適用にはなりません。治療費もまちまちで、保険が効かない分高額になってしまうよう。


プラセンタには注射以外に、サプリメントやドリンクなどがあります。これらは、手軽に入手でき摂取する事も出来る商品の1つ。プラセンタサプリメントやドリンクは、健康食品の1つとして扱われているので、保険対象外となりますが、美容目的で保険適用外のプラセンタ注射より費用もかからず、継続的に摂取できるということで通販などで購入される方もふえています。


関連ページ


プラセンタは摂取し過ぎるとどうなる??他との飲み合わせは??
プラセンタの種類│人・豚・馬・羊・植物性・マリン(海洋性)
プラセンタの用途│医療用・美容用




《最新版》プラセンタ口コミランキング※効果・効能は?副作用・危険性は?

OCO注文